茶の間 吟で1万円コース@新大宮│隠れ家的な個室和食店を見つけました

奈良・新大宮の『茶の間 吟』をミシュランごっこ(=採点)。

近鉄新大宮駅から徒歩5分にある、隠れ家的料亭に行きました。
民家やマンションの並びにあり、少々見つけづらいですが、店構えは立派です。

コースのお料理と半個室を事前に予約しておきました。
昨年の秋に改装されたという半個室席は、飾り気がなく、照明効果が映えて良い雰囲気です。
掘りごたつ式でくつろげます。

1万円(税別)のコースをいただきました。
お料理は全部で9品。

見た目に美しく、材料もこだわった、ひとつひとつとっても手の込んだもの。
器も素敵です。

今回のお料理の詳細は以下の通り。
写真も撮影しましたので、ご参考下さい。

前菜盛り合わせ
葛を使った一品(強い桜の香りがしました)
お刺身盛り合わせ
揚げ物(ふきのとうと、蟹の爪)
山芋を使った一品
珍味としてほっけの卵
鹿児島和牛のみそ焼き
〆のいくら丼とはまぐりのお吸い物
デザート

※前菜盛り合わせ※
640x640_rect_1277082_20191204060130c8f.jpg

※葛を使った一品※
640x640_rect_1277083_2019120406012821f.jpg 

※お.刺身盛り合わせ※
640x640_rect_1277084_201912040601263cb.jpg

※油もの。ふきのとうとカニです※
640x640_rect_1277085_20191204060124c33.jpg

※山芋を使った一品※
640x640_rect_1277086_20191204060122953.jpg

※珍味のほっけの卵※
640x640_rect_1277089_20191204060119814.jpg

※焼き物は鹿児島牛※
640x640_rect_1277090_20191204060117b86.jpg

※〆はいくら丼とはまぐりのお吸い物※
640x640_rect_1277091_2019120406011669a.jpg

※珍しい焼酎グラスです※
640x640_rect_1277092_20191204060114c4c.jpg

店員さんは丁寧ながらも「友達のお母さん」のように、気さくに話しかけてくれました。
お皿ごとに丁寧に説明していただいて、お料理を楽しむことが出来ました。

開業から41年目という知る人ぞ知るお店、あまから手帖にも取り上げられていたようです。
この店構えにお料理、そしてアットホームなあたたかい雰囲気。
同行者さんも、また利用したいと大満足していました。

~以下、ミシュランごっこ。内の『茶の間 吟』に関する口コミです~
2019年12月 茶の間 吟を10年ぶりに@新大宮│奈良における割烹料理店の先駆け




茶の間 吟(奈良・新大宮)
だっちん。総合評価:★4.5

↓採点内訳↓
点数は 1(悪)→5(良) にて。3が標準点になります。

 ○料理・味
■味: 5
■見た目: 5
■プラスアルファ: 5

 ○サービス
■出る速さ: 5
■接客: 5
■コストパフォーマンス: 4

 ○雰囲気
■混雑具合: 5
■席の過ごし易さ: 5
■内装: 4


茶の間 吟


関連ランキング:懐石・会席料理 | 新大宮駅奈良駅



☞ 関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

スポンサードリンク


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

茶の間 吟を10年以上ぶりに@新大宮│奈良における割烹料理店の先駆け
奈良・新大宮の『茶の間 吟』を再ミシュランごっこ(=採点)。 仲良しさんと、飲み。 新大宮にて。 どこいこか? コースってあわただしいんで、アラカルトいけておいしいとこ… そうだ。 10年以上前に一度だけ行って、また行きたいなーって頭の隅にあった『茶の間 吟』さん。 問い合わせてみたら、アラカルト利用もできるそうなので決めました。 ~以下、ミシュランごっこ。内の『茶...
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)