北新地 はし本でランチ:お造り弁当2千円

『北新地 はし本』のランチをミシュランごっこ(=採点)。

北新地 はし本 (15)


お昼時。ただいま北新地。
身体が鮮魚を欲しております。

北新地 はし本 (12)

で、たまたま通りかかったのが『北新地 はし本』の入ってるビルの前。
食べログレビュアーさんたちがランチのコスパ最高って大絶賛されてるお店です。

北新地 はし本 (10)

鮮魚、ある。入ろう。

北新地 はし本 (11)2

昭和バブルの残り香を感じるビル内。
エレベーターで2階に上がり、右つきあたりまで進むとあります、はし本さん。

北新地 はし本 (13)

北新地 はし本 (16)

北新地の割烹らしい店内。
入って正面にカウンター、大小の個室もありますーといった王道の造りです。

北新地 はし本 (17)

お店の方の対応がすごくいい。
笑顔だし気遣いがきめ細やか。
サービス専門の方でなく板さんなのに、えらいわ。

改めて、はし本のランチメニューを確認。

北新地 はし本 (11)2

◇牛バラの赤ワインシチュー  1,000円(税込)
 サラダ、シチュー、ご飯、漬物、デザート

旬菜弁当  1,000円(税込)
 旬菜盛合せ、天ぷら、ご飯、赤だし、漬物、デザート

お造り弁当  2,000円(税込)
 
造り盛合せ、旬菜盛合せ、天ぷら、ご飯、赤だし、漬物、デザート

ミニ会席  3,500円(税込)
 先付、造り、緑高焼物八寸、温物、天ぷら、ご飯、留椀、漬物、デザート

たしかですね。

食べログレビュアーさんたちが絶賛してたのは1,000円ランチだったんです。
なんとか弁当って書いてたはずなので、旬菜弁当が該当します。

いっぽうワタクシは鮮魚を求めてこちらに入りました。
しかしながら、詳細を見ますと旬菜弁当とお造り弁当の違いは造り盛り合わせの有無のみ。
造り1人前に千円を支払うのは、ランチにおいていかがなものか…?

コスパを取るか鮮魚を取るかを1分悩んだ結果、お造り弁当を注文。

気持ちに嘘はつけないの…。

で、そのお造り弁当です。

北新地 はし本 (18)

あっらー豪華!
お造り抜いた内容がそのまま「旬菜弁当 1,000円」に該当するんだったら、コスパ高いよねえ。

北新地 はし本 (9)

北新地 はし本 (4)

北新地 はし本 (5)

北新地 はし本 (1)

北新地 はし本 (6)

北新地 はし本 (2)

お造りはぴかぴか光った鮮度の伝わるものでした。

北新地 はし本 (19)

北新地 はし本のお造り弁当を食べてみた感想をば。


旬菜弁当 千円」のコスパは抜群。



もう上で書いた通り、食べログレビュアーさんが書かれている通りなんですけど、それ。

北新地 はし本 (3)

△このお弁当に、この天ぷらが付くんですよ▽

北新地 はし本 (6)

で、小ぶりながらもちゃんとデザートまで。

北新地 はし本 (2)

レビュー見直したら、どうやらごはんはお替りできたみたいだし。

北新地 はし本 (4)

さらにすごいんが、お値段は「1,000円(税込)」なんです。
ほぼほぼ「900円(税別)」に当たるわけです。

すっげーなコスパ!!

北新地 はし本 (18)

とはいえ、ワタシの鮮魚欲を満たしてくれるクオリティの高いお造りをいただけたので後悔はしてません。

北新地 はし本 (19)

欲を言えばこれが+700円であれば… いや +500円だったなら「お造り弁当もコスパやべー!!」て書けた。

というわけで、結論。
北新地 はし本の旬菜弁当のコスパは最高。
でもお造りも質の良さは確かなんで、そんな気分の時は頼むと良いよ。ただしコスパは薄まるよ。

それよりも、実はメニュー見てから「牛バラの赤ワインシチュー 1,000円」のことが頭から離れないんだ。
なんで食べログのレビューに感想無いんだ。みんなチャレンジしますって書いてその後どうなったんだよ。

北新地 はし本 (13)

またうかがいます。


北新地 はし本 ランチ お造り弁当 2,000円(大阪・北新地)
だっちん。総合評価:★3.5

↓採点内訳↓
点数は 1(悪)→5(良) にて。3が標準点になります。

 ○料理
■味:4 ■見た目:4 ■プラス@:3

  ○サービス
■出る速さ:4 ■接客:4 ■コストパフォーマンス:3

 ○雰囲気
■混雑具合:4 ■席の過ごし易さ:4 ■内装:4

はし本


関連ランキング:割烹・小料理 | 大江橋駅北新地駅東梅田駅



☞ 関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

スポンサードリンク

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)