【ピエール】2014年初フレンチ♡INインターコンチネンタルホテル大阪

2014年最初の娑婆ランチは、インターコンチネンタルホテル大阪のフレンチレストラン【ピエール(Pierre)】にて(o´∀`o)

7ヶ月になり寝返り盛りの息子は旦那さんに預けて、生駒山を越えます…。


2013年6月にオープンしたインターコンチネンタルホテル大阪のコンセプトは、以下の通り。

"現代的なインテリアデザインと自然の中で、一歩足を踏み入れた瞬間に感じる、“インスピレーションとの出会い”。ここ大阪の中心で始まる“思いがけない体験”という名の“旅”。

それが、インターコンチネンタルホテル大阪のコンセプト"コンテンポラリーラグジュアリー"です。


いや、ほんと施設も新しいし、田舎にこもってる私はここに来るだけでちょっとした海外旅行気分ですよ。

お手洗いに行っても、エレベーターのボタンを押しても、テンション上がります↑↑↑

エレベーターで20Fへ上がると、見た感じフロントのフロアかな?

ピエール (4) 

ピエール (5) 


こちらにフレンチレストラン・ピエールさんがあります。

ピエール (6) 


ダークブラウンベースの落ち着いた雰囲気。
高層階を生かした景色は抜群ですね。


ピエール (8)  

ピエール (7)
 

窓が大きいので、比較的どの席からもその景観を望めるかなと。

席に案内されるまでにオープンキッチンを通ったのですが、シェフの皆さんが笑顔で歓迎してくれてました。


テーブルのお正月風の飾りが和モダンでお洒落ですね。

ピエール (11) 


今回いただいたお料理は、年始限定のランチコース"Dans la saisonnalité うつろい "
メインが魚or肉の¥6,500と、両方いただける¥8,000のものがあったので、後者でお願いしました。

詳細は、以下の通りです。

■一口のカナッペ

ピエール (13) 

 キウイとチーズクラッカー、カラスミ、クリームコロッケの3種盛り合わせです。

ピエール (14) 


■馬糞ウニとムース

ピエール (17) 

 クリームーなウニをそのまま味わえるのが、良いですね。
下にひかれたクリームが、まろやかさを引き立てます。

ピエール (18) 


■栗のスープ 燻製の香り

ピエール (19) 

 パンチェッタのクリームが浮かんでいます。
栗のスープは甘くありませんが、風味が濃厚。

ピエール (20) 


■パン

 少なくなると数種類をバスケットに入れて、勧めに来てくれます。

ピエール (16) 
 
エピネ、栗のパン、イカスミのパン、牛乳を練りこんだ甘いパン…だったかな?
 栗のパンは栗風味が全然しなかったので、聞き間違えかも…。

ピエール (21) 


■香ばしい帆立貝

ピエール (23)

ジューシーな帆立貝が身にまとっているのは、 トウモロコシの粉で出来たフリル(?)です。

ピエール (24) 


■鶉とフォアグラ

ピエール (25)

 鶉のソテーにフォアグラがイン。

鶉のソーセージがぷりっぷりの食感で印象的でした。

ピエール (26) 


■クレモンティーヌのデザート

 1品目は、りんごのコンポートとムース。

ピエール (27) 

お口直し用か、酸っぱ目です。

ピエール (28) 


 2品目は、盛り合わせ。

ピエール (29)
 

みかんまるごとのコンポートって、珍しい!

ピエール (30) 

 中には、キャラメルが詰められていました。

ピエール (31) 


■小菓子

ピエール (33) 

マシュマロ、クッキー、ムース、キャラメルetc…

ピエール (1) 

ピエール (34) 


■食後のドリンク

珈琲、紅茶、エスプレッソからチョイスできます。

ピエール (32) 


この日のドリンクは、最初は大人しくノンアルコールカクテルをいただいてました。

私が注文した"リトルフェアリー"は、グレープフルーツベース。

ピエール (12)

パッションフルーツベースのものもありました。

…が、

この料理にジュースは酷ですわ!


ということで、シャンパンを1杯だけいただきました。

ピエール (22) 

ノンアルコールで¥1,400、シャンパンで¥2,000くらいだったかな?

さて、お料理の印象としては、

「なるほどな。」

といったところ。

「ふ~ん、これがインターコンチネンタルホテル大阪の味なのね。」

と納得した止まりというか…(偉そうな表現ですみません)。

美味しいのですが、感動するほどじゃなく、なんだろう…

例えるなら、バッグやアクセサリーで

「このブランドは、こんな感じね」

と理解した感覚に近いというか…。

1度行ったらそれで満足で、あえてリピートしたいなってほどには感じなかったんですよね。

ちなみに、私は服飾品のブランドものは基本的に買わないタイプです。
(持ってはいますが…。)


もう少し掘り下げて綴ってみると、器は素敵だった。

でも、単調な印象。


料理の味も見た目も、もちろん良かった。

でも、他でも食べれそうというか…。


あとパンを数種類食べた割には、「これが一番美味しい」と思えるものがなかった。

むしろ、パンよりバターの方旨みの方が印象に残ったかもってくらい。
無塩と有塩と出されましたが、私は無塩の方が好みでした。

ピエール (15) 

個人的には、有名ホテルだからこそこの値段で納得できましたが、単独でやっているフレンチレストランだとしたらコストパフォーマンスは低めかもと思いましたね。

ただホテルフレンチとして捉える、むしろコスパは高めかもという微妙な具合…。


お料理から離れて気になったのが、サービススタッフさんの対応。

ホテルだけにものすごく悪いというわけではありませんが、なんとなく事務的な印象。
料理説明は流しで聞き取りにくいし、サーブしながら次の作業の方に目線がいってるし…。
年始のランチ時でお忙しいのもあるのでしょうが、温かみが感じられませんでした。



料理の感想で述べましたが、1度行ったらそれで満足だなといったところですね。


新年限定のプレゼントか、カードスタンドをいただいたのは良い記念です。

ピエール (2) 

ピエール (3) 


ここからは個人的なコメントですが…

パパちゃん、お休み中も色々気遣っていただいて本当にありがとうございます…。

ブログ読んでないだろうけど、書かずにはいられませんわ…(ノд`@)


↓クリックで【ミシュランごっこ。】への応援をお願いします人´Д`*)

食べログ グルメブログランキング




ピエール(INインターコンチネンタルホテル大阪 フレンチ) ランチ
だっちん。総合評価:★3

【だっちん。採点内訳】
点数は 1(悪)→5(良) にて。3が標準点になります。

 ○料理・味
■味: 4
■見た目: 4  
■プラスアルファ: 3

  ○サービス
■出る速さ: 3
■接客: 2
■コストパフォーマンス: 3

 ○雰囲気
■混雑具合: 3
■席の過ごし易さ: 3
■内装: 4

ピエール

昼総合点★★★☆☆ 3.0


関連ランキング:フレンチ | 西梅田駅大阪駅梅田駅(阪神)




☞ 関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

スポンサードリンク


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)