★5【中国料理 杤(とち)】奈良市ならまち ディナー/中華料理/創作料理/google+

完全予約制、「割烹風」な創作中華料理が食べられるレストラン【中国料理 杤(とち)】です。
あまから手帖で見つけ、初めて訪れたのが2006年11月。
今回は2年越しのディナー再訪です。

奈良町の町並みにしっくりとなじんだたたずまい。
シンプルな看板がありますが、見た目には一軒家のようです。

格子戸を開けると、まずは広いテーブル席。
右手にはゆったりとしたカウンター、そして手入れの行き届いたオープンキッチンが広がります。
インテリアは中国料理店ですが、カウンターの様子は、まるで「割烹」。
ご主人の丁寧なお仕事を、目の前でショーのように見ることが出来ます。
楽しいですよ~。
しかも、お店は基本的に「貸切」。
特別感いっぱいです。

このお店にはおしながきがないそうです。
予約時に初来店か、前回はいつ頃の来店かを確認され、それによってお料理を考えてくださるそう。

ホームページに” 料理で「驚き」「興奮」「感動」を味わってもらいたい”と書かれていましたが、まさにそれ!
最高に私好みのお料理★★★

以下は、いただいたお料理の詳細です。

◆2006年11月ディナー ¥10,000コース
ほたてのお刺身
海くらげの頭の和え物
ピータンの黄身あんかけ
和牛の汁もの
びっくりたまごの貝柱あんかけ
伊勢海老の蒸し物
点心風蒸しチャーハン
杏仁豆腐

◆2009年1月ディナー ¥15,000コース
ピータン豆腐
海くらげの頭の和え物
お造り盛り合わせ
和牛の煮込み
蒸し渡り蟹のソースがけ
酔っ払い海老
点心風蒸しチャーハン
杏仁豆腐

手作りの杏仁豆腐は「医食同源」を意識して、本物の杏仁を使い、ソースはかけず、シンプルにクコの実をのせただけのもの。
質素な気もしますが、お料理がボリューミーなので最後に「ほっ」と出来ます。

中華らしからぬ、後には残らないお料理たちでした。
素材も素晴らしい!

ご主人は目の前で寡黙にお料理、奥様が気さくで丁寧に接客くださる、というバランスも良いです。
お話を伺ったところ、ご主人はもともと和食をされていたそうです。
中華に興味を持って、ご自分のスタイルを確立されたのがこちらのお店とのこと。

「春知」に引き続き、引き合わせてくれたあまから手帖にお礼を言いたいほどの名店。
既に次の来店が楽しみです。

お値段は決して安くはありませんが、その価値はある【中国料理 杤】さんです。

※以下、オススメ店「三たて蕎麦 春知」のURLです。良かったら、ご参照下さい♪
http://66306223.blog.fc2.com/blog-entry-55.html

-だっちん。採点-
※点数は 1(悪)→5(良) にて。3が標準点です。

<採点内訳・コメント>
点数は 1(悪)→5(良) にて。3で普通。

 ○料理・味
■味: 5
■見た目: 5
■プラスアルファ: 5

 ○サービス
■出る速さ: 5
■接客: 5
■コストパフォーマンス: 2

 ○雰囲気
■混雑具合: 5
■席の過ごし易さ: 5
■内装: 4

食べログ グルメブログランキング ←「ポチッ」と熱い一票を!
グルメブログランキングに参加中です(・Ω・) ノ


←「ポチッ」とこちらも!
総合ブログランキングに参加中です(・Ω・) ノ


中国料理 杤




関連ランキング:中華料理 | 京終駅近鉄奈良駅



☞ 関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

スポンサードリンク


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

♪お勧め書籍の紹介♪本当に美味しい中国料理が食べたい
本当に美味しい中国料理が食べたい (2005/04) 中西 純一 商品詳細を見る だっちん。お勧め書籍【本当に美味しい中国料理が食べたい】をご紹介します。 こちらはだっちん。が中国
★4.5【本当に美味しい中国料理が食べたい】ブックレビュー
食べ歩き知識をつける本のご紹介。 だっちん。の中国料理の食べ方の教科書です。 日本人みんな(いや、むしろ私)が思い込んでいた中国料理との接し方をクリアにしてくれた 【本当...
だっちん。好みの「割烹」中華!
完全予約制、「割烹風」な創作中華料理が食べられるレストランです。 あまから手帖で見つけ、初めて訪れたのが2006年11月。 今回は2年越しのディナー再訪です。 奈良町の町並み
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)