★3.【会津屋(あいづや) ナンバ店】大阪市難波 ランチ/たこ焼き/ripora

大阪のたこ焼きは、昭和8年、こちら【会津屋(あいづや)】の初代遠藤留吉氏が、肉 ・コンニャクなどを入れて焼いた"ラヂオ焼(又はラジューム焼)"がはじまりなのだそう。

その後、もっとおいしい大人の味をと考え、昭和10年、"明石のたこ"と"ころも"に味をつけて焼いた、大阪の"たこ焼"が生まれました。

たこ焼とはソースをつけない、手も汚さず冷めてもおいしいのが本物なのだそうです。

-【会津屋】ホームページから引用-

そんな、美味しいと有名な老舗たこ焼き屋さん【会津屋】。
さとなおさんの食べ歩き記事で見つけて以来、行きたいなと思っていました。

「歯ごたえのある皮ととろける中身」

が気になるくだり。

2006年6月 日曜日13時半より"チームMの2人(♀×1,♂×1)"と軽食として来店。

よくあるテイクアウト店舗に、イートイン出来るスペースが付いたような造りです。
狭いカウンターは既にいっぱいでした。

オーダー内容は¥1,000のコース。
3人で分け分けしました。

うろ覚えですが、たこ焼き・ネギ入りたこ焼き・ラヂオ焼きの3種が食べれたと思います。
軽食、なら3人で分けるのがちょうど良いボリュームですね。
2人だと多いかも知れないです。

私はラヂオ焼きが気に入りました。
出汁の味が良いのです。
ラヂオ焼

お味は、ひとこと

「美味しい」。

いままで食べ歩いたレストラン総合した目線から見ても、粉もののくせに健闘しているなあと。

「歯ごたえのある皮ととろける中身」

に納得です。

たこ焼

店員さんの対応はごく普通ですが、悪い印象は無かったです。

なんばで

「軽く食べとく?」

て時にまた利用するかも知れない【会津屋 ナンバ店】さんでした。

<だっちん。採点>
※点数は 1(悪)→5(良) にて。3が標準点です。

 ○料理・味
■味: 4
■見た目: 3
■プラスアルファ: 4

 ○サービス
■出る速さ: 3
■接客: 3
■コストパフォーマンス: 3

 ○雰囲気
■混雑具合: 2
■席の過ごし易さ: 3
■内装: 3

食べログ グルメブログランキング ←「ポチッ」と熱い一票を!
グルメブログランキングに参加中です(・Ω・) ノ


←「ポチッ」とこちらも!
総合ブログランキングに参加中です(・Ω・) ノ


会津屋 ナンバ店




関連ランキング:たこ焼き | 難波駅(南海)大阪難波駅なんば駅(大阪市営)


☞ 関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

スポンサードリンク


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

会津屋 ナンバ店
大阪のたこ焼きは、昭和8年、こちら【会津屋(あいづや)】の初代遠藤留吉氏が、肉 ・コンニャクなどを入れて焼いた"ラヂオ焼(又はラジューム焼)"がはじまりなのだそう。 その
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)