ラ・トラース (LA TRACE)でディナー@奈良市│2018ミシュラン候補でしょう!



奈良市のフレンチレストラン【 ラ・トラース(LA TRACE)】のディナーをミシュランごっこ(=採点)。

ラ・トラース (3)

食べログの評判で気になり、BMしてました。
東京の人気フレンチのシェフが独立、奥様のご実家のある奈良に活躍の場所を移し、2016年6月にOPENしたフレンチレストランです。

スポンサーリンク




最寄り駅はJR奈良駅。
西口から徒歩3分ほどで、三条通りに面しているので車でも行きやすそうです。
(専用駐車場が無いみたいなのでコインパーキングになりますが)

ラ・トラース (2)


ナチュラルモダンな店内は、シンプルで落ち着けるインテリア。

ラ・トラース (24)

ラ・トラース (5)

大きなオープンキッチンが特等席のようで、この日は予約で埋まってました。

比較的ギリギリに予約した自分は、テーブル席へのご案内~。

ラ・トラース (4)


メニューはアラカルトなし、コースのみ。
ランチ・ディナーともにそれぞれ1本勝負で、以下の構成です。

 ◆ランチ 4,500円(税別)
アミューズ、前菜、魚料理、メインディッシュ、デザート、カフェ

 ◆ディナー  8,000円(税別)
アミューズ、前菜①、前菜②、魚料理、肉料理、小さなデザート、デザート、カフェ



またお料理に合わせるワインは、お皿ごとにおすすめを提供してもらえるセットが用意されています(もちろん自分のチョイスでもオーダー可能)。
ワインペアリングのお値段は、ランチタイム2,400円、ディナータイム4,000円。


ディナーコースにワインペアリングを付けて、食事をご用意いただきました。

この日いただいたお料理は以下の通り。

ラ・トラース (6)

手元の紙メニューには素材だけが書かれ、良い意味でのお楽しみはとっておきましょう形式です(笑)


Dîner -ディナー-

 Amuse -アミューズ-

ばあく豚、ひのひかり、白味噌

ラ・トラース (8)

ラ・トラース (9)

肉巻きおにぎりスタイルです。


本来なら前菜から提供となるワインを、乾杯用に先に持って来てくださいました。

ラ・トラース (7)

さっぱりした白ワインです。



 パン

ラ・トラース (10)

添えられるのはバターではなくサワークリームです。



 1ère Entrée -前菜その1-

足赤エビと白カブ

ラ・トラース (11)

ラ・トラース (12)

温かいポタージュです。



 2ème Entrée -前菜その2-

フォアグラといちじくのエクレア

ラ・トラース (14)

ラ・トラース (15)

巻紙をずらして手でカジュアルに頂きます。


2杯目の白ワイン。

ラ・トラース (13)


エクレアにというスウィーツ趣向の料理に合わせてか、蜜のように甘口なものでした。


 Poisson -お魚料理-

赤ハタ、大和ねぎ、黒トリュフ

ラ・トラース (16)

ラ・トラース (17)

濃厚なクリーム仕上げ。


3杯目は赤ワイン。

ラ・トラース (18)


濃厚な味付けなものの淡白な魚料理に合う、すっきりしたお味でした。


 Viande -お肉料理-

イノシシの赤ワイン煮込み、人参、落花生

ラ・トラース (19)

ラ・トラース (20)

比較的あっさりとした煮込みです。


4杯目の赤ワイン。

ラ・トラース 


重すぎずの赤。
普段ワインのオーダーは「とりあえず重いの」でオーダーするだっちん。にはどちらの赤も軽く感じましたが、ト・ラースさんのお料理にはこれくらいのほうがしっくりきます。


 Avant Dessert -小さなデザート-

玉林、くるみ、ミント

ラ・トラース (21)

ラ・トラース (22)

くるみの香ばしさが、予想外にぴったりなシャーベットです。


 Dessert -デザート-

ホワイトチョコ、奈良県の苺、ヘーゼルナッツ

ラ・トラース (25)

ラ・トラース (26)


 Café ou Thé

食後の飲み物は、FUGLENさんのコーヒー or 羽間農園さんの紅茶 からのセレクト。
紅茶をお願いしました。

ラ・トラース (27)


食後にお茶菓子付き、嬉しいです。
ダックワーズと生チョコでした。

ラ・トラース (1)


それでは、 ラ・トラース (LA TRACE)さんのお料理を食べてみた感想をば。

ラ・トラース (20)

スポンサーリンク






ほんとざっくり、一言でまとめてしまうと

"素材を生かしたあっさり系フレンチ"

です。


ラ・トラースさんのコンセプトは"素材重視"。

レストランのホームページにも

私たちは生産者さん達の温もりが感じられる食材達に敬意を払い、
自然に感謝をして、「奈良でこそ楽しめるお料理」で皆様をおもてなしさせて頂きたいと思っております。
そしてロゴの時計が表すように、作り手さんが素材の為に捧げた時間と
LA TRACEでの時間が「食の大切さ」を考えるきっかけになれれば幸いです。


と記載されています。

そんな大切な素材たちを、お客さんに楽しんでもらえるようにと創作を交えて提供する料理スタイル。
斬新ではないものの、ト・ラースさん独特のスタイルかなと思います。

ラ・トラース (9)

また冒頭の紹介で"東京のシェフが奥様のご実家のある奈良でOPENしたレストラン"と書きましたが、奈良でト・ラースさんを開業したのはそれだけでなく、奈良が世間にはあまり知られていない食材の宝庫であるという理由もあるそうです。

ワインもビオを中心にしているようで、お皿ごとに提供される1杯ごとの量は控えめですが、フランス産にこだわった良質のものを提供いただけましたよ。

気遣いの細やかな奥様と、まじめで優しそうなシェフの二人三脚の接客も心地良い。
奈良を訪れた遠方の方をほっこりおもてなしたりで使いたいレストランです。

2017年中には、奈良ミシュラン掲載のお話があるでしょうね~きっと。
むしろもう入ってたりして。




ラ・トラース (LA TRACE) ランチ in奈良市
だっちん。総合評価:★4

↓採点内訳↓
点数は 1(悪)→5(良) にて。3が標準点になります。

 ○料理
■味:4 ■見た目:4 ■プラス@:4

  ○サービス
■出る速さ:3 ■接客:4 ■コストパフォーマンス:3

 ○雰囲気
■混雑具合:3 ■席の過ごし易さ:4 ■内装:4


ラ・トラース


関連ランキング:フレンチ | 奈良駅新大宮駅近鉄奈良駅



☞ 関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

スポンサードリンク

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)