千鳥屋 ポルトス│カロリー・賞味期限・値段・購入方法・味etc…基本情報まとめました  

千鳥屋のポルトスをミシュランごっこ(=採点)。

千鳥屋 ポルトス (2)

カロリー、値段、賞味期限、取扱店など基本情報を絡めて口コミいたします( ̄∠  ̄ )ノ

福岡旅行中、九州自動車道 古賀SA下り線で購入しました。※改装中でプレハブ

博多の女 あまおう苺ミルク味 (4)


見た瞬間「買う!」の決め手となったのは、当ブログに検索エンジンから、食べたことの無い、もちろん記事にしたことのない「ポルトス」のキーワードで多数流入があったため。まだ見ぬポルトスを取り寄せなきゃいけない?でも送料が…とか思ってるところに、この運命の出合いですよ。

千鳥屋 ポルトス (8)

千鳥屋 ポルトス (7)

では、ポルトスについて。

◆ポルトスとは:

カスタードクリームと白餡を生地で包んで焼き上げたおまんじゅう。長崎に上陸した南蛮菓子と博多に伝わった饅頭が出会ったというストーリーで2年の歳月をかけて商品化された、2015年10月発売の千鳥屋期待の新人(?)です。

千鳥屋 ポルトス (5)

ちなみにパッケージおよび本体にあしらわれている「1630」は、千鳥屋が創業した西暦だそう。こういった点でも千鳥屋がポルトスに力を入れてるのが伝わってくるような。余談ですが1630年は北イタリアでペストが大流行した年だそうです。

◆ポルトスの値段:

1個:180円、3個入:540円、5個入:900円、8個入:1,600円、12個入:2,350円、18個入:3,450円、24個入:4,550円

数が多くなるほど安くなる、方式の販売はされてなようですね。むしろお箱代が追加されてるようなので、ご自分での消費用には箱なしでどうぞ。

◆ポルトスの購入方法:

千鳥屋全店で販売しているようです。
千鳥屋、といってもポルトスを扱っている千鳥屋は九州にある「千鳥饅頭総本舗(本社は福岡市博多区。千鳥屋さんはのれん分けで別法人にて各地に展開されてます)」。基本的には福岡県内のみでの展開なので、当ブログをご覧いただいている関西にお住まいの方は通販でのご購入になるかと。
千鳥饅頭総本舗のオンラインショップでも購入可能ですが、どうせ送料かけるなら楽天市場にも千鳥饅頭総本舗が入ってるので、こちらのほうがポイント付いてオススメなのでリンク貼っておきます▽



◆ポルトスの賞味期限:

製造日から30日。ちょっとした保存食?にも使えます。

◆ポルトスのカロリー:
1個あたり145kcal(42g)。豆腐1丁より少ないくらいです。←都市部・1丁300gで算出の場合


以上、千鳥屋公式HPの情報からまとめさせていただきました。

千鳥屋 ポルトス (10)


千鳥屋 ポルトス (11)




千鳥屋のポルトスを食べてみた感想をば。

千鳥屋 ポルトス (1)

人気タイプの老舗店参入。


美味しいですポルトス。
ちょいふわ、ちょいパサな生地に、カスタードというか白あんというか?な餡が詰まっています。

「カスタードまんじゅうポルトス」として売り出してるので、もっとカスタード感が強いものと思ってましたが、それについてはこちらの思い込みなので許容します。牛乳と一緒に食べれば美味しくいただけますし。

それよりもなんか、どこかしらで食べたことがある気がするんですよねポルトス。

千鳥屋 ポルトス (5)

ググッてみたところ、同じ感想をお持ちのブロガーさんの多いこと多いこと。
全国の銘菓で「ポルトスって●●に似てない?」「●●とどっちが模倣なんだろう?」といった記事が続々出て来ました。

ざっと上げますと、奈良県の「奈良めぐり」、横浜の「ありあけ本館 ハーバーズムーンの横濱ハーバー」、福島県郡山市の「ままどおる」等々…
文面を拝見してるだけなので、どの程度似てるのかは分かりませんが、食ブロガーさんたちは「激似!」とつづられてます。

それだけ似たものが各地で作られているということは、万人受けするものをベースに作られているということ。
1630年創業の千鳥屋という超大手の菓子店が、2年の歳月をかけて商品化したということは、その最高峰なのではと予想…!

千鳥屋 ポルトス (6)

この飲み物なしではもっさりして食べにくい食感にも、根強いファンがいるのかもですね。
なんてったって最高峰ですから。←いちブロガーの妄想ですから

そんな千鳥屋期待の新人・ポルトス。
まだ食べたことのない方は、是非に是非に~▽



▽記事更新のモチベーションになります!クリックご協力ください(__)


地域情報ランキング

食べログ グルメブログランキング



このエントリーをはてなブックマークに追加

千鳥屋 ポルトス
だっちん。総合評価:★3.5

↓採点内訳↓
点数は 1(悪)→5(良) にて。3が標準点になります。

 ○料理
■味:4 ■見た目:4 ■プラス@:3

  ○サービス
■出る速さ:- ■接客:- ■コストパフォーマンス:3

 ○雰囲気
■混雑具合:- ■席の過ごし易さ:- ■内装:-


※お土産としての購入ため、料理とコストパフォーマンスの評価のみに控えます

☞ 関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

スポンサードリンク

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)